東商イベントカレンダー

東商イベントカレンダー

イベント詳細情報

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.57195

【東商CWSQセミナー】なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか?~超高速開発ツールの導入が必然である理由~

  • セミナー・講習会等
  • 無料

開催日:2014年06月23日(月)

ビジネス活動を支える企業や行政組織の基幹業務システム。そのシステムが環境変化に迅速に対応できないことが長年の課題となっています。このセミナーでは、今までの情報システムでは、変化へ対応することが困難であり、新しい視点から再構築が必要となっていることを説明します。また「超高速開発」の考え方の重要性、超高速開発ツールの導入の必要性とその理由が納得いただけるセミナーです。提供:ICT経営パートナーズ協会

このイベントは既に終了しています。

一覧に戻る

開催情報
イベント名 【東商CWSQセミナー】なぜ、現状の基幹業務システムは、ビジネス環境の変化に迅速に対応できないのか?~超高速開発ツールの導入が必然である理由~
日時 2014年06月23日(月)
15時30分〜17時00分
場所 東京商工会議所ビル1F クラウドワーク スクエア セミナールーム
〒100 -0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 1F
地下鉄千代田線二重橋前駅下車 B7出口 徒歩1分
http://www.tokyo-cci.or.jp/about/map/
詳細内容 ■概 要
ビジネス活動を支える企業や行政組織の基幹業務システム。そのシステムが環境変化に迅速に対応できないことが長年の課題となっています。このセミナーでは、今までの手作りの情報システムでは、そもそも変化へ対応することが困難であり、まったく新しい視点から再構築が必要となっていることを説明します。最近話題になっている「超高速開発」。なぜ、その考え方が重要であり、超高速開発ツールの導入が必要なのか?その理由が納得いただけるセミナーです。

■対 象
①企業の情報システム部門の責任者、アプリケーション開発責任者
②行政組織、自治体の情報システム部門の責任者・担当者
③ITコーディネータ
※ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、1時間30分分を取得できます。


※東京商工会議所クラウドワークスクエアでは本セミナーのほか、出展企業による技術・サービス情報セミナーを開催しております。以下サイトからもご案内しておりますので、ぜひご覧ください。

<クラウドワークスクエア セミナー一覧>
https://cwsq.jp/seminar
講師氏名 大島 正善氏
講師経歴 MBC(Method Based Consulting) 代表コンサルタント。外資系大手IT企業で、ソフトウェア・エンジニアリングおよび品質管理に関する仕事に長年従事。最近はユーザー主体開発の観点から、企業の情報活用の推進のための人材育成と、システム開発のイノベーションを推進する活動に従事。
一般社団法人ICT経営パートナーズ協会 運営会員、超高速開発コミュニティ 事務局。著書:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」など
定員 30
料金 会員料金:無料
一般料金:無料
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 地域振興部
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル
TEL: 03 -3283 -7624
FAX: 03 -3283 -7633
E-mail:chiiki@tokyo-cci.or.jp
お申込方法 ■ご参加希望の方は以下の手順にてお申し込みください。

1.「イベント申込する」ボタンを押して申込画面を開いてください。
2.必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンを押してください。
3.登録メールアドレス宛てに申込受付の自動返信メールが送られます。
URL:
注意事項 ■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理の利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。

※東京商工会議所から申し込まれた参加者の情報に関して無断で出展企業に案内することはありません。
※講演企業と同業者の方が参加される場合、ご遠慮いただくこともございますので予めご了承ください。
※本セミナーは具体的な技術・サービスをもとにIT化の気づき等を発見することをねらいとしており、各社から保有する技術・サービスの活用事例等をご紹介することがございます。出展企業が展示・セミナー等で提供するサービス・技術に関し、東京商工会議所はその内容を保証・推薦するものではありませんので、導入にあたっては貴社の判断でお願いします。

一覧に戻る

一覧に戻る