東商イベントカレンダー

東商イベントカレンダー

イベント詳細情報

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.57196

【東商CWSQセミナー】自社にどんぴしゃりの情報システムを導入するために、開発前にするべきこと~誰でもできる超高速要求定義~

  • セミナー・講習会等
  • 無料

開催日:2014年07月08日(火)

情報システムの開発には、要求定義が必要です。開発をする前に利害関係者間の意識合わせ、費用対効果の算定、現状の姿とあるべき姿の作成、情報システムを開発する目的をどうやって設定すべきかなど煩雑な情報を整理していかなければなりません。要求定義を3つのモデルに分けて考え、個人のスキルに依存せずに要求定義をリポジトリ化していく方法論を超高速開発の関連性を含めて説明いたします。提供:ICT経営パートナーズ協会

このイベントは既に終了しています。

一覧に戻る

開催情報
イベント名 【東商CWSQセミナー】自社にどんぴしゃりの情報システムを導入するために、開発前にするべきこと~誰でもできる超高速要求定義~
日時 2014年07月08日(火)
15時30分〜17時00分
場所 東京商工会議所ビル1F クラウドワーク スクエア セミナールーム
〒100 -0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 1F
地下鉄千代田線二重橋前駅下車 B7出口 徒歩1分
http://www.tokyo-cci.or.jp/about/map/
詳細内容 ■概 要
情報システムの構築は、70%以上が失敗プロジェクトという統計がでています。更に、60%以上の機能は、全く、あるいは殆ど使われないとの統計もあります。そのような苦い思いを避けるための要求定義が必要です。
開発をする前に利害関係者間の意識合わせ、費用対効果の算定、現状の姿とあるべき姿の作成、と色々と煩雑な情報を整理していかなければなりません。
そもそも、情報システムを開発する目的をどうやって設定すべきなのかという問題もあります。それらを個人のスキルに頼っていませんか。
要求定義を3つのモデルに分けて考え、個人のスキルに依存せずに要求定義をリポジトリ化していく方法論を超高速開発の関連性を含めて説明いたします。


■対 象
①企業の経営者、情報システム導入責任者
②ITコーディネータ
 ※ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、1時間30分分を取得できます。

※東京商工会議所クラウドワークスクエアでは本セミナーのほか、出展企業による技術・サービス情報セミナーを開催しております。以下サイトからもご案内しておりますので、ぜひご覧ください。

<クラウドワークスクエア セミナー一覧>
https://cwsq.jp/seminar
講師氏名 木村 礼壮氏
講師経歴 ドリームIT研究所 CEO、(株)エスペラント 代表取締役。
公認内部監査人(CIA)、公認情報システム監査人(CISA)、ITストラテジスト。
ユーザ企業の経営に価値を与える業務改革人材を養成する仕事に従事。日本イノベーション融合学会専務理事/日本内部監査協会会員/情報システムコントロール協会会員など。著書:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」
定員 30
料金 会員料金:無料
一般料金:無料
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 地域振興部
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル
TEL: 03 -3283 -7624
FAX: 03 -3283 -7633
E-mail:chiiki@tokyo-cci.or.jp
お申込方法 ■ご参加希望の方は以下の手順にてお申し込みください。

1.「イベント申込する」ボタンを押して申込画面を開いてください。
2.必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンを押してください。
3.登録メールアドレス宛てに申込受付の自動返信メールが送られます。
URL:
注意事項 ■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理の利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。

※東京商工会議所から申し込まれた参加者の情報に関して無断で出展企業に案内することはありません。
※講演企業と同業者の方が参加される場合、ご遠慮いただくこともございますので予めご了承ください。
※本セミナーは具体的な技術・サービスをもとにIT化の気づき等を発見することをねらいとしており、各社から保有する技術・サービスの活用事例等をご紹介することがございます。出展企業が展示・セミナー等で提供するサービス・技術に関し、東京商工会議所はその内容を保証・推薦するものではありませんので、導入にあたっては貴社の判断でお願いします。

一覧に戻る

一覧に戻る