詳細検索

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.74762

会社を守る就業規則策定講座【G11-1 7月7日(金)】

  • セミナー・講習会等
  • 会員優待

開催日:2017年07月07日(金)

中小企業にとって労務トラブルは会社の存亡を揺るがす大きな問題に発展します。こうしたトラブルの多くは、あらかじめきちんとした就業規則があれば、未然に防ぐことができます。市販の雛形をいじったような就業規則では、複雑化する労働問題から会社を守ることはできません。
会社を守る就業規則として定めるべき鉄壁ポイントを、数多くの企業の労使トラブルを解決に導いてきた特定社会保険労務士が、分かりやすく解説します。


麻生講師

このイベントは既に終了しています。

開催情報
イベント名 会社を守る就業規則策定講座【G11-1 7月7日(金)】
日時 2017年07月07日(金)
10時00分〜16時30分
日時補足欄:【1日通学】
場所 東京商工会議所
〒100 -0005 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
TEL: 03 -3283 -7650
FAX: 03 -3201 -0507
<アクセス>
【地下鉄】
○都営三田線   大手町駅より徒歩5分 (D1出口)
○千代田線    二重橋前駅より徒歩2分 (4番出口)
○日比谷線    日比谷駅より徒歩8分 (A8出口)
○有楽町線    有楽町駅より徒歩8分 (D3出口)
○丸の内線    東京駅より徒歩3分 (4b出口)
【JR】
有楽町駅より徒歩8分、東京駅 丸の内南口より徒歩3分 、京葉線 東京駅より徒歩3分
詳細内容 ~労使紛争激化時代到来!"鉄壁"「就業規則」を作りましょう~

1."鉄壁"就業規則のポイント
・能力不足の新入社員を解雇しやすくする試用期間の規定とは
・仕事ができない社員ほどダラダラ残業が多くて困る。効果的な規定とは
・朝に体調不良で休んでばかりいる社員に対応した勤怠管理規定とは
・見直しが不可欠!職場に急増する「心の病」に対応した休職規定とは
・能力不足・協調性不足・勤怠不良など、判断の難しい普通解雇事由を明確に記載した解雇規定とは
・規定のないものは処罰できない。想定されるあらゆる懲戒事由を具体的に網羅した懲戒規定とは
・転職・業務の引継ぎをしないで辞める社員を許さない規定とは
・ハラスメント(セクシャル・パワー・マタニティー等)を防ぎ、見逃さないための規定とは
・仕事のできない社員の賃金を引き下げ、役職や等級を引き下げる賃金規定とは
・2017年1月より改正育児・介護休業法、男女雇用機会均等法が施行。改正法に対応した規定とは
2."鉄壁"就業規則の逐条解説
(1)採用・異動・人事
・就業規則の適用範囲、採用時の提出書類採用取消、労働条件の明示、試用期間
(2)労働時間
・所定労働時間、休日、休憩時間、振替休日代休、時間外・休日・深夜労働
(3)休暇・休職
・年次有給休暇、特別休暇、休職、復職
(4)定年・退職・解雇
・定年、退職、退職手続き、解雇、解雇予告、解雇制限
(5)服務規律・表彰・懲戒
・遵守事項、ハラスメント(セクシャル・パワー・マタニティー等)、いじめの防止、懲戒
(6)賃金規定
・賃金の改定、役職、賞与
3.まとめ・質疑応答

※「会社を守る『就業規則』セミナー」からタイトル変更になりました。
講師氏名 TOMA社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 麻生 武信 氏
講師経歴 早稲田大学卒業。民間企業において人事部門等の企業実務を経験。その間労働組合役員も歴任し、労使交渉の経験も豊富。現在は多数の顧問先および一般企業の人「財」を活性化すべく、人事制度構築・諸規則作成・社会保険業務指導等で活躍中。セミナー講師としても実務に即したわかりやすい解説で好評を得ている。著書「未払い残業代対策と残業代削減」(日本経済新聞出版社)。
対象(参加条件) 経営者・経営幹部・人事・総務担当者
定員 40名
料金 東商会員割引優待
会員料金(税込) 16,200円(税込、資料・昼食代含む)
一般料金(税込) 32,400円(税込、資料・昼食代含む)
備考 【受講者の声】
・自社の規則に足りていないものが良く分かった。
・まさに現在数年ぶりの改訂作業中で具体的かつ明確な事例提示もあり大変役に立ちました。
・ポイントがしっかりおさえていてとても良かった。所々思い当るような箇所があり、受けてとても良かったです。
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 研修センター
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
TEL: 03 -3283 -7650
FAX: 03 -3201 -0507
E-mail:evkenshu@tokyo-cci.or.jp
お申込方法 1.申込方法
申込画面に必要事項を入力の上、送信してください。受付後ご担当者あてに「受付確認票」をFAXでお送りいたします。
数週間経過しても「受付確認票」が届かない場合は、送信できなかった可能性がありますのでお手数ですが研修センターまでご連絡ください。

2.受講料
受講料は「受付確認票」到着後、開講日の20日前までに下記の取扱銀行にお振り込みください。

みずほ銀行 東京中央支店 「東京商工会議所」
(普通)260063

なお、開催間近にお申し込みの場合は、申込画面の「振込予定日」を必ずご記入のうえ、お振り込みください。
※振込手数料はご負担ください。
※領収証は銀行の送金済証をもって代えさせていただきます。
※受講料は消費税を含んだ金額です。
※掲載プログラムの日程・内容・受講料などについては、講師・会場の都合により変更する場合もございますので予めご了承ください。

3.受講券
講座開催の2週間前頃(合宿講座は4週間前頃)に受講券(会場地図付)をご担当者あてに郵送いたします。開催日当日は本受講券をご持参ください。

4.その他
4名以上申し込まれる場合は、一度申し込まれた後、お手数ですが再度入力してお申し込みいただくか、下記URLからエクセルファイル(受講者一括お申込書)をダウンロードしてご利用ください。
URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/kenshu/file/ikkatumousikomi.xls
注意事項 1.キャンセルについて
キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。キャンセルのご連絡は、9:00〜17:00(土日および祝日は除く)の間にお願いします。
キャンセルの手続きは、連絡後、ご記入・ご返信いただくキャンセル連絡用紙のみでお受けいたします。受講料のご入金がないことをもって、キャンセルとはみなしません。
また、講座開講5営業日前から規定のキャンセル料をいただきます。

※開講5営業日前〜1営業日前 受講料の30%
※当日〜受講料の100%
  
2.その他
請求書は原則発行しておりませんが、ご希望の場合は研修センターまでご連絡ください。
講師業、士業、コンサルタント業など講師と同業の方のお申し込みにつきましては、お断りする場合がございます。
ご記入いただいた情報は当該講座の運営、管理資料として使用する他、東京商工会議所が主催する各種行事のご案内(DMおよびFAX)に利用させていただきます。ご不要な場合には、備考欄にその旨をご記入ください。
講座の内容、開催場所、日程は都合により一部変更する場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理のために利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。
申込受付予定期間 2017年02月17日 〜 2017年07月05日

一覧に戻る

2017年7月

支部別イベント


入会のご案内