詳細検索

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.74795

客単価を上げるヒアリング力向上講座【I6-1 7月5日(水)】

  • セミナー・講習会等
  • 会員優待

開催日:2017年07月05日(水)

・稼ぐ営業組織が実施しているヌケ・モレのないヒアリングの手法を体得し、顧客の潜在課題を顕在化させ、より大きな案件受注の可能性を高めます。
・ケーススタディや事例を通じて、ヒアリング内容を社内で“見える化”、“共有化”する方法を学びます。


野村講師

このイベントは既に終了しています。

開催情報
イベント名 客単価を上げるヒアリング力向上講座【I6-1 7月5日(水)】
日時 2017年07月05日(水)
10時00分〜17時00分
日時補足欄:【1日通学】
場所 東京商工会議所
〒100 -0005 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
TEL: 03 -3283 -7650
【地下鉄】
○都営三田線 大手町駅より徒歩5分 (D1出口)
○千代田線  二重橋駅より徒歩2分 (4番出口)
○日比谷線  日比谷駅より徒歩8分 (A8出口)
○有楽町線  有楽町駅より徒歩8分 (D3出口)
○丸の内線  東京駅より徒歩3分 (4b出口)

【JR】
○JR有楽町駅より徒歩8分
○JR東京駅 丸の内南口より徒歩3分
○JR京葉線 東京駅より徒歩3分
http://www.tokyo-cci.or.jp/gaiyo/tizu.html
詳細内容 ・受講者本人のヒアリングスキル向上だけではなく、組織としてヒアリングのフレームワークを統一・浸透させることで、チーム全体での客単価アップ・受注率アップを目指します。


~フレームワークの統一で、チームの売上を伸ばす~

1.ヒアリングとは
・ヒアリングの立ち位置と、ヒアリング力強化により得られる効果の再認識
・顧客関係性とヒアリングでの踏み込み度合い
・ヒアリングのゴールデンルール

2.ヒアリングのWhat(何を聞くべきか)
・商品課題、組織課題、経営課題にフォーカスしたフレームワークヒアリング
・レイヤーと時間軸を意識した具体的・効果的な質問

3.ヒアリングのHow(どう聞くべきか)
・質問の役割と相手が話したくなる質問
・マクロとミクロのヒアリング展開

4.売り込み臭、無理やり感を消すためには
・レイヤーと時間軸をつなぐ質問で、無理やり感を消す
・相手から引き出したい答えから、逆算した質問で誘導するには

5.商談で常に主導権を握るヒアリング
・関係性、信頼性を飛躍的に向上させる、ヒアリング前の仮説構築
・潜在ニーズを引き出す仮説構築の3STEP
・ヒアリング中に有効となる5つの具体的テクニック
講師氏名 マーキュリッチ 取締役 野村 尚義 氏
講師経歴 プレゼンアドバイザー。決断を促す言葉の専門家。 企業トップへのメッセージ戦略指導、社員へのプレゼンテーション研修、スピーチライターの3本柱を通じて、言葉による企業価値向上を支援している。

「相手を動かし大きな決断を促せる人が語ることは、他となにが違うのか」に関心を持ち、経営者・起業家・政治家・宗教家・業界リーダーなど卓越した結果を出すスピーカーの分析に没頭する。

その結果を彼らに共通する“高確率成約の戦略”として体系化したところ、得られる結果が激変。わずか1回のコンサルで、セミナーからの見込み顧客獲得2倍増や、コンペ勝率3倍などの結果をクライアント企業にもたらしている。
これまでの指導人数は15,000人を超え、クライアントに上場企業経営者・ベンチャー企業経営陣・ベストセラー作家などがいるほか、スライド作りの専門家や話し方の講師など「プレゼンを教える人たちの先生」でもある。
神戸大学理学部数学科卒。ITエンジニア時代に、技術力だけでは一流になれないと気付きプレゼンテーションを学ぶ。その過程で自分の価値と評価を高められたことから「語る言葉の質を高めることが、自信を持って生きることにつながる」との信念を持つ。

その後、2003年にプレゼン専門の指導機関マーキュリッチを創業。今に至る。
対象(参加条件) 営業管理職、営業リーダー
定員 30名
料金 東商会員割引優待
会員料金(税込) 18,360円(税込、資料・昼食代含む)
一般料金(税込) 34,560円(税込、資料・昼食代含む)
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 研修センター
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
TEL: 03 -3283 -7650
FAX: 03 -3201 -0507
E-mail:evkenshu@tokyo-cci.or.jp
URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/kenshu/
お申込方法 1.申込方法
申込画面に必要事項を入力の上、送信してください。受付後ご担当者あてに「受付確認票」をFAXでお送りいたします。
数週間経過しても「受付確認票」が届かない場合は、送信できなかった可能性がありますのでお手数ですが研修センターまでご連絡ください。

2.受講料
受講料は「受付確認票」到着後、開講日の20日前までに下記の取扱銀行にお振り込みください。

みずほ銀行 東京中央支店 「東京商工会議所」
(普通)260063

なお、開催間近にお申し込みの場合は、申込画面の「振込予定日」を必ずご記入のうえ、お振り込みください。
※振込手数料はご負担ください。
※領収証は銀行の送金済証をもって代えさせていただきます。
※受講料は消費税を含んだ金額です。
※掲載プログラムの日程・内容・受講料などについては、講師・会場の都合により変更する場合もございますので予めご了承ください。

3.受講券
講座開催の2週間前頃(合宿講座は4週間前頃)に受講券(会場地図付)をご担当者あてに郵送いたします。開催日当日は本受講券をご持参ください。

4.その他
4名以上申し込まれる場合は、一度申し込まれた後、お手数ですが再度入力してお申し込みいただくか、下記URLからエクセルファイル(受講者一括お申込書)をダウンロードしてご利用ください。
URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/kenshu/file/ikkatumousikomi.xls
注意事項 1.キャンセルについて
キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。キャンセルのご連絡は、9:00〜17:00(土日および祝日は除く)の間にお願いします。
キャンセルの手続きは、連絡後、ご記入・ご返信いただくキャンセル連絡用紙のみでお受けいたします。受講料のご入金がないことをもって、キャンセルとはみなしません。
また、講座開講5営業日前から規定のキャンセル料をいただきます。

※開講5営業日前〜1営業日前 受講料の30%
※当日〜受講料の100%
  
2.その他
請求書は原則発行しておりませんが、ご希望の場合は研修センターまでご連絡ください。
講師業、士業、コンサルタント業など講師と同業の方のお申し込みにつきましては、お断りする場合がございます。
ご記入いただいた情報は当該講座の運営、管理資料として使用する他、東京商工会議所が主催する各種行事のご案内(DMおよびFAX)に利用させていただきます。ご不要な場合には、備考欄にその旨をご記入ください。
講座の内容、開催場所、日程は都合により一部変更する場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理のために利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。
申込受付予定期間 2017年02月17日 〜 2017年07月03日

一覧に戻る

2017年7月

支部別イベント


入会のご案内