東商イベントカレンダー

東商イベントカレンダー

イベント詳細情報

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.86832

【満席】昇進・昇格の仕組みと管理職の選び方講座【G16-1 11月6日(火)】

  • セミナー・講習会等
  • 会員優待

開催日:2018年11月06日(火)

・昇格は、会社にやりがいを感じて、もっと上を目指そうとする原点です。昇格を自発的に目指す成長社員を育てる仕組み作りについて、等級要件、目標管理、昇給などの観点から詳しく解説します。
・昇進は、多くの社員が役職に就きたいと考えるように仕組化する必要があります。昇進希望者を増やし、より有能で意欲的な管理職を育てるためのノウハウをお伝えします。


中村講師

このイベントは既に終了しています。

一覧に戻る

開催情報
イベント名 【満席】昇進・昇格の仕組みと管理職の選び方講座【G16-1 11月6日(火)】
日時 2018年11月06日(火)
13時00分〜16時30分
【午後半日通学】
場所 東京商工会議所
〒100 -0005 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
【地下鉄】
○都営三田線 大手町駅より徒歩5分 (D1出口)
○千代田線 二重橋駅より徒歩2分 (4番出口)
○日比谷線 日比谷駅より徒歩8分 (A8出口)
○有楽町線 有楽町駅より徒歩8分 (D3出口)
○丸の内線 東京駅より徒歩3分 (4b出口)

【JR】
○JR有楽町駅より徒歩8分
○JR東京駅 丸の内南口より徒歩3分
○JR京葉線 東京駅より徒歩3分
詳細内容 ~業績アップを目指す中小企業ですぐに使える施策~

・昇格・昇格も「昇人事」は周囲へ好影響を与えるものです。中小企業でもすぐに使える施策やノウハウをお伝えし、上を目指す社員を育て、業績の上がる組織になることを目指します。

1.社員が昇格をどう見ているかを知る
・過去の昇格者の顔ぶれで、選定実態を推し量っている
・昇格者が、恣意で選定されているかを見ている
・昇格に挑戦しても頑張らされるだけで終わるのではないかを見ている
・昇格が昇給額にどう影響するかを見ている
・昇格すると評価項目と基準が自分に有利かを見ている

2.昇格したい、出来そうだと思える仕組みを作る
・昇格が魅力的に映るには5つの条件がある
・条件その1 等級段階数は、少し細かい方がよい
・条件その2 等級要件の説明は、簡単な文章がよい
・条件その3 評価は、能力や行動評価より顧客の立場で考える力を見る
・条件その4 給与は、モデル給与図を示し、昇格と昇給の関わりを示す
・条件その5 目標管理は個人目標よりチーム目標、個人業績よりチームへの貢献で評価する

3.簡単にできる昇格基準の作り方、運用の仕方
・昇格候補者ノミネート基準は分かりやすさで勝負
・昇格者を喜ばせる審査制度の運用の仕方
・等級の上昇とともに、審査着眼の変える
・昇格者を見て次の昇格希望者を育てる方法
・降格者は審査で決定してはいけない

4.昇進したい、出来ると思わせる仕組みを作る
・「残業が付く係長時代より給与が減る」を解消する
・昇進は誰にでもチャンスがあると分かる仕組みにする
・昇進者は業績と人材育成に優れた人から選出することを明確に伝える
・昇進者は、希望する社員を対象に、研修で選抜する
・どうすれば管理職になれるかを具体的に教える
・昇進が社員の目標にならないのは、現在の管理職に魅力がないから
・昇進すると給与、賞与はどう増えるかを明確に示す
・管理職になるにはどうしたら良いか分からないのが一番良くない
・専門職制度はあった方がよい
・専門職への進路決定は遅い方がよい
・管理職、専門職の等級制度上の位置づけを魅力的に説明する方法

5.管理職適任者の選抜方法
・昇進基準はポストごとに明示する
・成功要件をポストごとに明確にする
・昇進者はポストが要求するマネジメントが出来る人物を選抜する
・「そろそろ管理職に・・・」の発想で昇進させてはいけない
・マネジメントが出来ない人を降職させることを躊躇してはいけない
・マネジメントとは、何をやるのかを、研修でしっかり教える
・課長選抜は係長を対象に「課長候補者研修」でマネジメントを教えながら実施する
・部長選抜は課長を対象に「部長候補者研修」で、経営職としてのマネジメントを教えながら実施する

6.昇格・昇進の「昇人事」は、周囲への好影響を演出する

・昇人事は、周囲の社員がどうすれば自分も昇格・昇進出来るかを考えるきっかけにする
・昇格の先には、昇進があることを理解させる
・自分の欠点を悲観するより、得意分野を伸ばすことの有効性を教える
・仕事を通じた、生きがいを確信できるのは、会社に良い影響を与えられると思ったとき

7.質疑応答
講師氏名 日本経営システム研究所 代表取締役 中村 壽伸 氏
講師経歴 学習院大学法学部卒業、銀行勤務を経て現職。20名クラスの小規模企業を上場企業に育て上げた実績多数。高業績、高労働生産性を実現させる、組織・人事の専門家。
主な著書は『経営者は昇進・昇格人材をどのように見分けているのか』(日本生産性本部)、『バカな人事~なぜ御社の人事は社員のやる気を失わせるのか~』(あさ出版)、『成果主義の人事・報酬戦略』(編著 ダイヤモンド社)、他に専門誌への論文多数。
対象(参加条件) 経営者、人事部門担当者
定員 30名
料金 東商会員割引優待
会員料金(税込) 10,260円(税込、資料代含む)
一般料金(税込) 20,520円(税込、資料代含む)
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 研修センター
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル
TEL: 03 -3283 -7650
FAX: 03 -3201 -0507
E-mail:evkenshu@tokyo-cci.or.jp
お申込方法 1.申込方法
申込画面に必要事項を入力の上、送信してください。受付後ご担当者あてに「受付確認票」をお送りいたします。

2.受講料
受講料は「受付確認票」到着後、開講日の20日前までに下記の取扱銀行にお振り込みください。

みずほ銀行 東京中央支店 「東京商工会議所」
(普通)260063

なお、開催間近にお申し込みの場合は、申込画面の「振込予定日」を必ずご記入のうえ、お振り込みください。
※振込手数料はご負担ください。
※領収証は銀行の送金済証をもって代えさせていただきます。
※受講料は消費税を含んだ金額です。
※掲載プログラムの日程・内容・受講料などについては、講師・会場の都合により変更する場合もございますので予めご了承ください。

3.受講券
講座開催の2週間前頃(合宿講座は4週間前頃)に受講券(会場地図付)をご担当者あてにお送りいたします。
URL:
注意事項 1.キャンセルについて
キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。キャンセルのご連絡は、9:00〜17:00(土日および祝日は除く)の間にお願いします。
キャンセルの手続きは、連絡後、ご記入・ご返信いただくキャンセル連絡用紙のみでお受けいたします。受講料のご入金がないことをもって、キャンセルとはみなしません。
また、講座開講5営業日前から規定のキャンセル料をいただきます。

※開講5営業日前〜1営業日前 受講料の30%
※当日〜受講料の100%
  
2.その他
請求書は原則発行しておりませんが、ご希望の場合は研修センターまでご連絡ください。
講師業、士業、コンサルタント業など講師と同業の方のお申し込みにつきましては、お断りする場合がございます。
ご記入いただいた情報は当該講座の運営、管理資料として使用する他、東京商工会議所が主催する各種行事のご案内(DMおよびFAX)に利用させていただきます。ご不要な場合には、備考欄にその旨をご記入ください。
講座の内容、開催場所、日程は都合により一部変更する場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理のために利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。
申込受付予定期間 2018年07月03日 〜 2018年11月04日

一覧に戻る

一覧に戻る