東商イベントカレンダー

東商イベントカレンダー

イベント詳細情報

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.90284

(D4-1)経営幹部が身につけるべき数的知識講座

  • セミナー・講習会等
  • 会員優待

開催日:2019年08月23日(金)

・本講座では、企業活動における様々な事象を数的知識で解説するとともに、エクセルをつかって予想損益計算書のシミュレーションを行いながら、経営幹部として最低限身に付けておくべき数的知識を実際の数値を使いながら体感していただきます。

※会場が丸の内二重橋ビルから変更になりました

このイベントは既に終了しています。

一覧に戻る

開催情報
イベント名 (D4-1)経営幹部が身につけるべき数的知識講座
日時 2019年08月23日(金)
10時00分〜17時00分
場所 コンファレンススクエア M+(千代田区)
〒100 -0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1F
※会場が丸の内二重橋ビルから変更になりました

JR 東京駅 丸の内南口 徒歩2分
JR 京葉線 東京駅 10番出口 直結
地下鉄 丸ノ内線 東京駅 地下道経由 徒歩3分
地下鉄 千代田線 二重橋前駅 4番出口 徒歩 約2分
地下鉄 都営三田線 大手町駅 D1出口 徒歩 約4分
地下鉄 東西線 大手町駅 B1出口 徒歩 約6分
http://www.marunouchi-hc.jp/emplus/access.html
詳細内容 ●経営幹部が必要とする数字のクセを知る

 ・決算書上の数字の特徴
   ~貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の特徴の確認
 ・コストは変動費と固定費に分けて考える

【事例研究】固定費中心型企業と変動費中心型企業の特徴
 ・変動費と固定費の分解方法
・中小企業におけるキャッシュフロー計算書の重要性

【事例研究】黒字倒産はこうして起こる
・運転資本のコントロールの重要性

【ステップ1】身近な行動の中の計数力
 ・パーセント表示と総額の使い分け
 ・平均値での判断は慎重に
 ・前期比較はご用心 前期50%減、当期50%増は何を意味する
 ・作業効率と作業時間数の両者を見て判断すること
 ・コストとコストではないものはどこで区別されるか
 ・数字のマジック 10%ポイント還元と10%割引はどちらが得か

【ステップ2】計数を分解してみると、違った景色が見える
 ・売上1千万円の取引先と売上200万円の取引先どちらが大事か
   分解式①【売上-コスト=利益】
 ・1個500円の部品と1個100円の部品のどちらを購入するか
   分解式②【コスト=単価×数量】
 ・売上10%増の目標で営業現場は動けるのか?
   分解式③【売上=商品A売上+商品B売上+商品C売上】
 ・2%の値下げで利益がなくなってしまう
   分解式④【コスト=変動費+固定費】
 ・シェアトップの持つ意味とは ~規模効果の本質
   分解式⑤【固定費÷販売量=1個当たり固定費】
 ・分解式から見えてくる計数が武器になるポイント

【ステップ3】 将来の企業の姿を予測してみる
  ・予想損益計算書とは
  【事例研究】売上予測の方法
  【事例研究】コスト予測の方法
  【事例研究】予想損益計算書を使って企業の将来の姿をシミュレーションする。
講師氏名 南公認会計士事務所 公認会計士 南 俊基 氏
講師経歴 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(経営学修士)。監査法人トーマツにて会社更生法会社の監査や財務調査を担当。その後、ソニー株式会社100%出資の経営戦略コンサルティング会社ジェンシスコンサルティング株式会社にて事業戦略の立案等。財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事。バイオベンチャーのテラ株式会社にて、創業時から監査役を務め、2009年にJASDAQ市場に上場する。

現在は南公認会計士事務所の代表として、メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、
財務戦略、コスト管理に関するコンサルタントとして活躍している。あわせて企業向けに財務、管理会計の研修を数多くこなしている。

公認会計士、税理士、日本証券アナリスト協会検定会員
対象(参加条件) 経営者、経営幹部、管理職
定員 40名
料金 東商会員割引優待
会員料金(税込) 18,360円
一般料金(税込) 34,560円
備考 税込8%、資料・昼食代含む
関連URL http://cpa-minami.com/
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 研修センター
〒: 100 -0005
住所: 東京都千代田区丸の内3-2-2 (丸の内二重橋ビル)
TEL: 03 -3283 -7650
FAX: 03 -3201 -0507
E-mail:evkenshu@tokyo-cci.or.jp
URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/kenshu/
お申込方法 --------------------------------------------------------------------------------------
【お申込みいただく前にご確認ください】

ホームページよりお申込みいただいた方には、「受付確認票」と「受講票」をメール(添付ファイル付)でご送付しています。メールが届かない場合には、おそれいりますが、東京商工会議所研修センターまでご連絡ください。
--------------------------------------------------------------------------------------

1.申込方法
申込画面に必要事項を入力の上、送信してください。受付後ご担当者あてに「受付確認票」をお送りいたします。
数週間経過しても「受付確認票」が届かない場合は、送信できなかった可能性がありますのでお手数ですが研修センターまでご連絡ください。

2.受講料
受講料は「受付確認票」記載の口座にお振込みください。

なお、開催間近にお申し込みの場合は、申込画面の「振込予定日」を必ずご記入のうえ、お振り込みください。
※振込手数料はご負担ください。
※領収証は銀行の送金済証をもって代えさせていただきます。
※受講料は消費税を含んだ金額です。
※掲載プログラムの日程・内容・受講料などについては、講師・会場の都合により変更する場合もございますので予めご了承ください。

3.受講票
講座開催の2週間前頃(合宿講座は4週間前頃)に受講票(会場地図付)をご担当者あてにご送付いたします。開催日当日は本受講票をご持参ください。
URL:
注意事項 1.キャンセルについて
キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。キャンセルのご連絡は、9:00〜17:00(土日および祝日は除く)の間にお願いします。
キャンセルの手続きは、連絡後、ご記入・ご返信いただくキャンセル連絡用紙のみでお受けいたします。受講料のご入金がないことをもって、キャンセルとはみなしません。
また、講座開講5営業日前から規定のキャンセル料をいただきます。

※開講5営業日前〜1営業日前 受講料の30%
※当日〜受講料の100%
  
2.その他
請求書は原則発行しておりませんが、ご希望の場合は研修センターまでご連絡ください。
講師業、士業、コンサルタント業など講師と同業の方のお申し込みにつきましては、お断りする場合がございます。
ご記入いただいた情報は当該講座の運営、管理資料として使用する他、東京商工会議所が主催する各種行事のご案内(DMおよびFAX)に利用させていただきます。ご不要な場合には、備考欄にその旨をご記入ください。
講座の内容、開催場所、日程は都合により一部変更する場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理のために利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。
申込受付予定期間 2019年02月06日 〜 2019年08月20日
おすすめイベント
開催日時 イベント名 申込受付
2019年10月09日(水) (C8-1)新入社員のための社会人基礎講座 申込受付中
2019年09月18日(水) (F2-2)契約実務の法律基礎講座 申込受付中
2019年10月16日(水) (C5-3)若手社員パワーアップ講座〔社会人経験2〜3年編〕 申込受付中
2019年09月12日(木) (J22-1)ムダを徹底削減する事務改善講座 申込受付中
2019年08月28日(水) (J18-1)人を動かす“数字”を使った伝え方講座 申込受付中

一覧に戻る

一覧に戻る