【リマケタグ】

東商イベントカレンダー

東商イベントカレンダー

イベント詳細情報

イベント詳細情報

一覧に戻る

No.73904

【募集開始】 企業の備えとして考える「がん治療と仕事を両立するための対策」

  • セミナー・講習会等
  • 無料

開催日:2016年12月07日(水)

経営者や従業員の方が“がん”に罹患した際の備えは「万が一」ではなく「明日は我が身」と考える必要があります。医療の進歩によって治療を続けながら働く方や治療後に復職する方も増えていることから、それを支援するための公的制度について経営者や企業が理解しておくことは大変重要です。今回は「会社」「経営者」「従業員」それぞれの視点からどのような支援策があるのかについて解説します。この機会に、ぜひご参加ください。

このイベントは既に終了しています。

一覧に戻る

開催情報
イベント名 【募集開始】 企業の備えとして考える「がん治療と仕事を両立するための対策」
日時 2016年12月07日(水)
18時00分〜20時00分
【受付開始】 17時30分
場所 すみだ産業会館 9階「第1会議室」
〒130 -0022 東京都墨田区江東橋3-9-10 丸井錦糸町店9階
TEL: 03 -3635 -4343
JR錦糸町駅南口から徒歩1分
地下鉄半蔵門線錦糸町駅 徒歩1分
http://www.sumidasangyokaikan.jp/info/index.html
詳細内容 日本人の2人に一人が“がん”を患う現在、企業にとっても経営者や従業員の方が“がん”に罹患した際の備えは「万が一」ではなく「明日は我が身」と考える必要があります。医療の進歩によって「がん=休業・廃業・退職」の時代ではなくなっており、治療を続けながら働く方や治療後に復職する方も増えていることから、それを支援するための公的制度について理解しておくことは大変重要です。今回は“がん”への備え方の対応として「事業を支える方法」と「経営者個人の生活を支える方法」「従業員の仕事と治療の両立支援」「がんに罹患した際に利用できる諸制度・サービス」等について解説していただきます。この機会に、ぜひご参加ください。

<第一部> 18:00~19:30
 「企業の備えとして考える“がん治療”と“仕事”を両立するための対策」
 (講師)NPO法人がんと暮らしを考える会 理事長  賢見 卓也 氏
  【主な内容】
   1.がん治療と仕事を両立するための各種制度
     ・支出抑制対応
     ・収入減を補う対応
     ・資金面の備え 等

   2.経営者が“がん”になったら
     ・経営と治療の両立
     ・事業を支える方法
     ・個人の生活を支える方法 等

   3.従業員が“がん”になったら
     ・仕事と治療の両立支援
     ・悩み事への対応
     ・接し方のアドバイス 等

<第二部> 19:30~20:00
「適正飲酒について~お酒と健康のいい関係~」 
(講 師)ニッカウヰスキー株式会社 原料部次長  太田 豊 氏
講師氏名 NPO法人がんと暮らしを考える会 理事長  賢見 卓也 氏
講師経歴 1999年兵庫県立看護大学卒業、2008年日本大学大学院グローバルビジネス研究科卒業。 がんになった際に利用できる公的・民間サービスに関して、知っている人は使えるが知らない人は使えないという現状(申請主義)を解決する方法を検討するため「がんと暮らしを考える会」を設立し、がん患者の暮らしを支える支援活動に取り組んでいる。
対象(参加条件) 23区内に事業所を有する企業の経営者およびその従業員
定員 40名(事前申込先着順、定員オーバーしたときはご連絡いたします)
料金 会員料金:無料
一般料金:無料
お問い合わせ
お問い合せ先 東京商工会議所 墨田支部
〒: 130 -0022
住所: 東京都墨田区江東橋3-9-10 すみだ産業会館9F
TEL: 03 -3635 -4343
FAX: 03 -3635 -7148
E-mail:sumida@tokyo-cci.or.jp
お申込方法 上記より「申込みフォーム」にお進みのうえ、お申込みください。
注意事項 ■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理の利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。

一覧に戻る

一覧に戻る